佛様、御先祖様、氏神様などの守護神様等々、いずれをお参りする時も、必ず両の掌を合わせてお参りします。
合掌は、「あなたに敬意を表する」という心のあらわれであり、礼拝の対象である佛様や御先祖様に対し、全身全霊を捧げてそのみ心に叶う生き方
をするという決意表明の姿と言うこともできるでしょう。
掌を合わせるのは、佛様と私達衆生が一つになること、つまり、佛様の智慧が、そのまま私達の生き方となって実現されることを意味しています。
合掌によって信仰の世界に入り、そして、過去のあやまちをさんげして、清らかな心を取り戻すことができます。
奢り高ぶる心を捨て、すべての人々と共に、幸せになる異体同心の生き方に誘なわれていきます。
私達が合掌し、お題目を唱えるのは、すべての邪悪なものを除き、佛様と一体になって、真の人生のよろこびを得たという歓喜のあらわれです。