行事の御案内 令和4年 1月〜2月

すべての行事は、新型コロナウィルス感染防止を最優先に考えて行います。檀信徒の皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。詳しくは住職までお尋ねください。

初信行会と「光陽台観音」「光陽台稲荷」の例大祭

1月8日(土)午前10時30分

新年初めての信行会です。勧請の諸天善神様にコロナ禍の収束と、新年の開運と心願成就を祈ってお経を読み、太鼓をたたいてお題目を唱えます。初めての方でもお気軽にご参加ください。

節分祈祷会(せつぶんえ)

2月3日(木)午後7時〜

厄除け・方位除け・受験合格などの御祈祷を行います。厄除けなどのご祈祷をお受けになりたい方は、事前にお申し込みください。本年も豆撒きは行わず、参拝者には、当山で事前に御祈祷した豆袋を差し上げます。

初午(はつうま)

2月10日(木) 

初午(はつうま)は、2月の最初の午(うま)の日のことで、五穀豊穣や商売繁盛・家内安全を祈願して各家の氏神様(お稲荷様)のお祭りを行います。お稲荷様の本地は最上位経王大菩薩という仏教神で、農業や商業の守護神です。そのお使いが狐であり狐の好物が油揚げであることから、初午の日には油揚げやいなり寿司を奉納するようになりました。先祖から受け継いで来た氏神様のお参りを忘れずに感謝の心を込めて行いましょう。 
※毎年お参りに参上しているお宅へは、改めてご連絡の上参上いたします

月例盛運祈願会(おついたち)

毎月1日 午前10時30分

倶生神月守を交換し、当月の幸福を祈念して除厄開運のお加持を行います。この御守は、自分を専属して御守護下さる倶生神様の不思議な御守です。
また、倶生神は死後のお導きに重要な役割を果たしてくれる神様です。特に檀徒の方は今から御守を身に着けて、生きた信仰から生きた成仏への道筋をつけておきましょう。

【妙福寺霊苑の水道についてのお願い】

〜寒い時期は使用出来ません〜

横町にある“妙福寺霊苑”の水道は、地下水をポンプで汲み上げて使用しています。気温の低い日が続いているため、現在は凍結して使用できない状態になっています。墓参りの際には、お水を持参するなどご協力のほどお願いします。

*お寺にご用の方は、必ず事前にご連絡の上お尋ねくださるようお願いいたします。